KENDALL JAPAN(ケンドルジャパン)
K3とバンクーバー - L.KENDALLの歴史

MENU

WORLD OF L.KENDALL L.KENDALLの歴史

K3とバンクーバー

K3クロノメーター

経度委員会の要請により、ケンドルは以前に自身が発明したものより、非常に上品で且つ簡易的な3世代目のK3クロノメーターを1774年に完成させました。

K3はK1やK2のように装飾や大幅な改良はせずに、より手頃な価格でありながら、以前と同等の精度のクロノメーターで、航海上における新たな技術的利点を、より多くのユーザーに対して広めていこうと試みました。
経度を見つけるこの新たな技術は、イギリス海軍が世界の海を支配する要因となりました。

K3はあの有名はディスカバリー号のキャプテン・ジョージ・ヴァンクーバーによって使用されました。
ジョージ・ヴァンクーバーは海軍士官であり、探検家でもありました。
ジョージ・ヴァンクーバーは1791年に、北米の北西航路を探検し、1795年にはハワイ諸島、オーストラリアの南西部を探検しました。

ディスカバリー号

カナダのバンクーバーは探検家のキャプテン・ジョージ・ヴァンクーバーの名前に由来し、ラーカム・ケンドルの時計は彼と一緒でした。
バンクーバーを発見した際は、非常に困難な気象条件の中、K3は彼をナビゲートする為に、正確に機能しました。

HISTORY

ラーカム・ケンドルはイギリスの時計製造の先駆者として有名です。
18世紀にはK1マリンクロノメーターを製造し、レゾリューション(帆船)の船長だったJames Cook(通称:キャプテンクック)により、
航海上によるテストで初めて正確な時計として成功を収めました。