KENDALL JAPAN(ケンドルジャパン)
16〜17世紀の時計のファッションリーダー - L.KENDALLの歴史

MENU

WORLD OF L.KENDALL L.KENDALLの歴史

16〜17世紀の時計のファッションリーダー

17世紀の前半にクロックの製造が大幅に向上しました。
1666年まではチャールズ2世によって小さなモデル(クロック)が新しいトレンドとして製造されました。

チャールズ2世

チャールズ2世は衣服改革を宣言をし、宮廷服にベストが導入されます。
ほどなくしてチャールズ2世の元に懐中時計が届き、宮廷服となったベストのポケットには懐中時計を入れて、身につけていました。

懐中時計は非常に高価でした。
芸術の域に達する手作業により精巧に装飾されており、もっぱら上流階級がステータスシンボルとして独占的に所有していました。
しかし、より正確で信頼性の高い時計の必要性は時代の流れと共にヨーロッパの主要国内で必須となっていきました。
そんな時代の1719年、イギリスのチャーチルベリー(イギリス・オックスフォードジャー州)で生まれた、Larcum Kendall(ラーカム・ケンドル)は後にマリンクロノメーターを設計し、その精度を向上させる為に取り組み、偉大な先駆者として名を挙げました。

HISTORY

ラーカム・ケンドルはイギリスの時計製造の先駆者として有名です。
18世紀にはK1マリンクロノメーターを製造し、レゾリューション(帆船)の船長だったJames Cook(通称:キャプテンクック)により、
航海上によるテストで初めて正確な時計として成功を収めました。